WEBSITE: http://sdnnow.com/
自己紹介:数年前に突如EDになり、それ以来治療方法を独自に調査しています。 当ブログでもED治療に関係する記事を書いています。是非ご覧ください。


ガイドラインを守って市販のED治療薬を使おう

市販のED薬を使うときにはきちんとガイドラインを守らなくてはいけません。実際に、過去には市販のED治療薬のガイドラインを守らずに服用することによって大きな問題が発生してしまったこともあります。ED治療薬は正しく使えば勃起不全を治療することが出来る有効な薬に違いありませんが、薬の中には特定の状況で服用すると薬の効果に重大な副作用が伴うことがわかっているものもありますので注意をしておく必要があります。
そもそも、ED治療薬と言うのは市販で購入するとしても日本国内で薬を買うことが出来ないという前提を忘れてはいけません。ED治療薬を購入するときには、海外の一般市場から輸入代行を利用して購入することが普通です。そのため、海外市場から手に入れた薬が本物であるかどうかも含めてガイドラインを守らなくてはいけません。
では、こうした方法で薬を入手して勃起不全のために使うことは違法ではないのでしょうか。確かに、海外で仕入れた薬を利益を目的として日本国内で転売することは法律でも許されていません。しかし、海外の薬を個人的な病気の治療のために服用することは何も制限されていません。大切なのは、こうして購入できる薬というのは海外では既に一般市場に開放されているジェネリック医薬品であるという点です。ジェネリック医薬品は先発医薬品と異なって特定の会社だけの著作権が守られているものではなく一般企業が先発医薬品を模倣して作った商品であるため著作権は問題になりません。海外で売られることも全く問題ではないので、これを日本国内から購入することも問題はないのです。ただし、時々偽造品が紛れていることも否定できないので、安全面を考慮してガイドラインを確認することは大事なのです。

EDが完治するにはどれくらいの期間が必要か

EDはいわゆる勃起障害、勃起不全の事です。全ての男性が予備軍となりうる生活習慣病の一種として現在はとらえられていますが、かつては加齢による現象の一つとして半ば諦められていました。しかし現在では治療薬の登場でほとんどの場合はその症状を改善できるようになりました。薬物による治療なので、服用する事でメリットとデメリットが生じます。正しい知識を持ち、正しい方法で服用する事が大切です。しかし、気になるのはED自体、完治するのでしょうか。完治するのであれば、期間はどれくらいかかるものなのでしょうか。

EDは心因性のものと、身体的なものの二種類に大きく分ける事ができます。心因性のものは、日ごろの生活のストレスにより機能しなくなった場合、身体的なものは糖尿病や高血圧などの病気に起因するもの、生活習慣により血流が悪くなり、勃起をさせる力が体になくなっている状態の事をいいます。

心因性のEDは精神障害の一つだといえます。日々、仕事が忙しく息抜きする事もできないような状態が続くと心にも余裕がなくなり、結果うつ病などの精神的な病を抱える事になります。これにより性欲が減退して勃起がしにくい状態になってしまうものです。また、自慰では勃起するけれど、パートナーとのセックスの時に失敗したショックから起こる場合もあります。この心因性のケースは治療薬を使って自信を取り戻すと比較的短い期間で完治する事が多く、それ以降の薬の服用は必要なくなる場合がほとんどです。

身体的な問題が原因でEDになっている場合は治療期間は長くなるようです。おおもとの身体疾患や、喫煙、飲酒をやめて運動をするなど、すこしずつ疾患を治したり健康状態を変えていく事が必要になります。こちらの場合は病院でも完治したと判断できる事は少ないようです。

とはいえ、薬を服用する事で勃起力を補助してくれる効果はあります。まずは病院に相談してみてはいかがでしょうか。

EDを治療する病院は保険適応外

残念なことですが、勃起不全であるEDの治療は、保険適応外となっています。ED治療は、主に医薬品で治療することになり、必要になるたびに病院に行くことになりますが、その都度自己負担となります。この理由としては、命に関わる重大な疾患ではないことです。EDのほかに男性型脱毛症であるAGA、そして一部の美容整形なども、この保険適応外となっており、すべて自己負担になります。特にEDとAGA治療は、医薬品を用いての治療になりますので、何度も病院に通うことになりますから、大きな負担になることが予想されます。

しかし病院側も保険適応外であることを考慮して、患者さんの負担をなるべく抑えるような工夫をしています。そのひとつとして再診料は無料といった病院も最近は増えています。また再診料が掛からないように、受付で薬だけを受け取れるようなところもあります。病院を選ぶ時は、そのようなことを考慮して選ぶのも、費用を抑えるための患者さんの工夫になるでしょう。

患者さんができる工夫と言えば、医薬品を安くするための方法もあります。それは個人輸入代行業者を利用する方法です。ネット通販を利用する方法と変わりありませんので、特に難しい手続きは必要ありません。しかし一つ注意があり、特にED治療薬は偽薬が多いということからあまりお勧めできない方法でもあります。

なかには個人輸入代行業者のなかでも、医薬品の成分鑑定を行って、偽薬ではないことを否定するような業者もありますので、費用を抑えたいという方は、そのような個人輸入代行業者を利用すると良いでしょう。ED治療薬は医薬品になりますので、まず最初は病院で診察を受けてから服用してください。

ED治療の料金は診察前のカウンセリングで解決

ED治療の診察を受ける前に気になるのは、料金です。
医師にとってED治療は保険適用外の診察なので、全額患者の自己負担になります。
医師の診察を受けるまで、どれぐらいの料金が必要になるのか、患者にとっては分かりにくいので、不安に感じる人も多いでしょう。
ED治療の料金は、診察内容や治療方法によって異なります。
エレクションサポートリングを使い勃起を維持するための料金は、3万円から8万円です。
陰茎に自分で注射をする海綿体自己注射は、1回6千円から1万円になります。
男性ホルモンを投与して治療をする場合は、3万円から5万円です。
このように、ED治療は治療法によっても異なりますし、診察を受ける病院によっても料金は異なります。
また、治療法が違うと言うことは、効果も即効性のあるものから、根本から治療するものまで様々です。
さらに、診察を受けたときに必要になるのは、ED治療の料金だけではありません。
医師の診察代が必要ですし、検査代、薬代も必要になってきます。
ED治療の料金を考えるときは、トータルで考えましょう。
不安を解消するために大切なことは、診察前の医師によるカウンセリングです。
ED治療をしている多くの病院では、治療を始める前に無料のカウンセリングを実施しています。
カウンセリングでは、医師から治療の方針や方法の説明を受け、必要となる料金についても説明をしてくれます。
患者から質問をすれば答えてくれますから、積極的に不安点や疑問点を質問し、解消するようにしましょう。
カウンセリングがない、質問に答えない医師は、信頼することができません。
ED治療を不安なく始め、確実に効果を得るためにも、カウンセリングを重視して病院は選びましょう。

男性医だと安心するED治療

EDは勃起不全と言う症状で性行為が難しくなるあるいはできなくなる可能性があります。
これにより結婚したとしても子供をつくるのが難しい状況を生み出す事もあります。
これらの問題を解決する事が未来の日本の状況を変える事になります。
特に子供を残したいと考えている方にとっては、治療するべきものであるのではないでしょうか。
ED治療は、ED治療薬を服用する事によって症状の改善を図る事のできる病気です。
ですので治療に関してもそれ程の手間はないのではないでしょうか。
しかし病院に行って、このED治療薬を処方してもらう必要があります。
ここで問題なのがEDである事が恥ずかしくて病院に行けない方がいるかもしれないと言う事です。
病院にさえ言ってしまえば治療を行えるのですが、それが決断できない場合もあるでしょう。
EDは心の状態によっても引き起こされる可能性がありますので心に負担をかけない治療が重要です。
ですのでなるべく負担をかけないようにする必要もあります。
例えば、女医だと嫌だ!EDの診察と考えている方、男性医だと安心するED治療と考えている方は病院にあらかじめ問い合わせるのも方法の一つです。
一つ一つ問題を解決していき、ぜひ適切な治療を受け、EDを治療しましょう。

少子化問題と高齢化社会

少子化問題と高齢化社会は、非常に密接な関わりのある問題です。
医療の進歩により、人間の平均寿命も上がってきています。
この影響もあり、高齢化が進んでいます。
またその高齢者は、国の生産性には関わりのない場合が多いでしょう。
その高齢者達の生活を支えるのが若い世代などの労働者になります。
しかし少子化問題で若い世代が減少しているため、一人一人に大きな負担がかかってくる事は言うまでもありません。
高齢者達を支えていく意味でも若い世代の増加が求められています。
そもそも少子化問題の要因はどのようなものがあるのでしょうか。
その要因の一つに晩婚化が挙げられるのではないでしょうか。
晩婚化の影響で子供を出産できる適齢期を過ぎた場合、出産の困難さが付きまといます。
それにより子供が生まれにくくなっているのも要因の一つでしょう。
現代の日本では、女性も男性と変わらない様にお金を稼ぐ事も可能になってきています。
女性も一人で生きていける状況が現在ではできてきています。
そのため結婚に必要性を感じない女性も少なからずいらっしゃいます。
これにより結婚が遅くなる事もあるでしょう。
また女性のみではなく男性においてもこの晩婚化の影響を受けていると言えます。
女性と結婚できたとしてもその時の年齢が高くなればなる程、生殖行為において支障をきたす可能性もでてくるのです。
その要因の一つとしてEDなどがあります。

病院でEDを治療する

ED治療に通う頻度は症状や病院によって異なりますが、だいたい1ヶ月に1回が目安となっています。
診療費の大まかな目安は1回5000円程度となっていて、さらに薬代が1錠1500円から2000円となると、症状によっては毎月のEDの治療費は軽く1万円を超えてしまいます。
そのため、近年では初回のみ病院の診療を受け、2回目からは個人輸入代行業者を通じてED治療薬を入手する方が増えてきています。
ED治療薬の値段そのものは病院の処方でも通販でもほとんど差はありませんが、診療費がかからないぶん、毎月の治療費の負担を安く抑えることができます。
しかもネット通販の場合だと、病院に通うという気恥ずかしさとも無縁なので、病院でEDの原因や薬の適合性を調べた後、便利なネット通販を利用するというのも賢いひとつの方法と言えます。
しかし、カウンセリングが必要になる心因性EDや、器質性と心因性の混合型EDだった場合は、どうしてもED治療薬だけでは治療が効果的ではないこともあります。
器質性EDの場合も、高血圧や糖尿病などの他の身体的な病気が原因で、その治療もあわせて必要な場合もあります。
そういった場合は、治療院にて定期的なカウンセリングや指導を受けるなど、ネット通販のみに頼らず、自分の症状を理解しその症状に見合った治療を続けていく必要があります。

ED治療の診察を受ける場合

EDとは勃起不全、男性の性機能障害のひとつであり、陰茎の勃起自体ができなかったり、勃起しても維持できないために満足に性行為を行えない状態のことです。
EDには、血管や神経、内分泌の異常などによる身体的な障害によって勃起できない器質性EDと、過度なストレスや不安など主として心理的な要因が原因となる心因性EDの二種類があります。
また、器質性と心因性の要因が混在する「混合型」もあります。
どちらかに特定できないときに便宜的に混合型と呼ばれる場合もあります。
一度EDになってしまったら、その症状が自然治癒する可能性はとても低く、いずれの場合も自分自身で判断や治療をせず、病院でEDを治療するのが回復への有効な近道となります。
ED治療は泌尿器科のほか、美容外科やメンズクリニックなどで行われており、カウンセリングや診療の後、投薬などの治療が行われます。
ED治療の診察を受ける場合、一般的なケガや病気とは違って保険が適用されず、治療にかかる診療費や薬代はすべて自己負担となっています。
これは、ED治療が日本ではまだ「病気」として認識されていないためです。
そのため、診察のたびに診療費を全額負担しなければならないのはもちろん、ED治療薬の値段も1錠あたり1500円から2000円と非常に高価なものとなっていることにも注意が必要です。

かかりつけが無いならまずは内科へ

こっちみんな医者内科の他には泌尿器科の受診で対応することもできます。
ここでは泌尿器全般に対しての治療を行っています。
排尿障害や性感染症、包茎や男性不妊症などあらゆる病気の治療を行っています。
従って自分がEDではないかと感じたときには、泌尿器科を受診するようにします。
最近ではこのような診察かがある病院の他に、男性専用クリニックというところが出てきています。
勃起障害などは近くの病院で診察を受けることに抵抗を感じる人がたくさんいます。
このような場合には男性専用クリニックを利用するといいです。
ここでは診察は主に泌尿器科となっています。
ED治療はもちろんのこと、男性器に関する悩みを専門的に取り扱っています。
ここでは予約をすることができたり、電話やメールでの相談を行っているので安心です。
基本的にはメールでの相談を行って、診察の予約をする人が多いようです。
ストレスなどが原因となって勃起障害が起こっているときには、心療内科を受診します。
心因性EDという物は大きなストレスが原因となって発症していることが多いです。
このような場合にはカウンセリングを受けることによって、症状が改善すると言うこともあります。
このようにED診療の科目はたくさんあるので、事前にしっかりと調べて受診するようにします。