ガイドラインを守って市販のED治療薬を使おう

市販のED薬を使うときにはきちんとガイドラインを守らなくてはいけません。実際に、過去には市販のED治療薬のガイドラインを守らずに服用することによって大きな問題が発生してしまったこともあります。ED治療薬は正しく使えば勃起不全を治療することが出来る有効な薬に違いありませんが、薬の中には特定の状況で服用すると薬の効果に重大な副作用が伴うことがわかっているものもありますので注意をしておく必要があります。
そもそも、ED治療薬と言うのは市販で購入するとしても日本国内で薬を買うことが出来ないという前提を忘れてはいけません。ED治療薬を購入するときには、海外の一般市場から輸入代行を利用して購入することが普通です。そのため、海外市場から手に入れた薬が本物であるかどうかも含めてガイドラインを守らなくてはいけません。
では、こうした方法で薬を入手して勃起不全のために使うことは違法ではないのでしょうか。確かに、海外で仕入れた薬を利益を目的として日本国内で転売することは法律でも許されていません。しかし、海外の薬を個人的な病気の治療のために服用することは何も制限されていません。大切なのは、こうして購入できる薬というのは海外では既に一般市場に開放されているジェネリック医薬品であるという点です。ジェネリック医薬品は先発医薬品と異なって特定の会社だけの著作権が守られているものではなく一般企業が先発医薬品を模倣して作った商品であるため著作権は問題になりません。海外で売られることも全く問題ではないので、これを日本国内から購入することも問題はないのです。ただし、時々偽造品が紛れていることも否定できないので、安全面を考慮してガイドラインを確認することは大事なのです。