EDが完治するにはどれくらいの期間が必要か

EDはいわゆる勃起障害、勃起不全の事です。全ての男性が予備軍となりうる生活習慣病の一種として現在はとらえられていますが、かつては加齢による現象の一つとして半ば諦められていました。しかし現在では治療薬の登場でほとんどの場合はその症状を改善できるようになりました。薬物による治療なので、服用する事でメリットとデメリットが生じます。正しい知識を持ち、正しい方法で服用する事が大切です。しかし、気になるのはED自体、完治するのでしょうか。完治するのであれば、期間はどれくらいかかるものなのでしょうか。

EDは心因性のものと、身体的なものの二種類に大きく分ける事ができます。心因性のものは、日ごろの生活のストレスにより機能しなくなった場合、身体的なものは糖尿病や高血圧などの病気に起因するもの、生活習慣により血流が悪くなり、勃起をさせる力が体になくなっている状態の事をいいます。

心因性のEDは精神障害の一つだといえます。日々、仕事が忙しく息抜きする事もできないような状態が続くと心にも余裕がなくなり、結果うつ病などの精神的な病を抱える事になります。これにより性欲が減退して勃起がしにくい状態になってしまうものです。また、自慰では勃起するけれど、パートナーとのセックスの時に失敗したショックから起こる場合もあります。この心因性のケースは治療薬を使って自信を取り戻すと比較的短い期間で完治する事が多く、それ以降の薬の服用は必要なくなる場合がほとんどです。

身体的な問題が原因でEDになっている場合は治療期間は長くなるようです。おおもとの身体疾患や、喫煙、飲酒をやめて運動をするなど、すこしずつ疾患を治したり健康状態を変えていく事が必要になります。こちらの場合は病院でも完治したと判断できる事は少ないようです。

とはいえ、薬を服用する事で勃起力を補助してくれる効果はあります。まずは病院に相談してみてはいかがでしょうか。