病院でEDを治療する

ED治療に通う頻度は症状や病院によって異なりますが、だいたい1ヶ月に1回が目安となっています。
診療費の大まかな目安は1回5000円程度となっていて、さらに薬代が1錠1500円から2000円となると、症状によっては毎月のEDの治療費は軽く1万円を超えてしまいます。
そのため、近年では初回のみ病院の診療を受け、2回目からは個人輸入代行業者を通じてED治療薬を入手する方が増えてきています。
ED治療薬の値段そのものは病院の処方でも通販でもほとんど差はありませんが、診療費がかからないぶん、毎月の治療費の負担を安く抑えることができます。
しかもネット通販の場合だと、病院に通うという気恥ずかしさとも無縁なので、病院でEDの原因や薬の適合性を調べた後、便利なネット通販を利用するというのも賢いひとつの方法と言えます。
しかし、カウンセリングが必要になる心因性EDや、器質性と心因性の混合型EDだった場合は、どうしてもED治療薬だけでは治療が効果的ではないこともあります。
器質性EDの場合も、高血圧や糖尿病などの他の身体的な病気が原因で、その治療もあわせて必要な場合もあります。
そういった場合は、治療院にて定期的なカウンセリングや指導を受けるなど、ネット通販のみに頼らず、自分の症状を理解しその症状に見合った治療を続けていく必要があります。