少子化問題と高齢化社会

少子化問題と高齢化社会は、非常に密接な関わりのある問題です。
医療の進歩により、人間の平均寿命も上がってきています。
この影響もあり、高齢化が進んでいます。
またその高齢者は、国の生産性には関わりのない場合が多いでしょう。
その高齢者達の生活を支えるのが若い世代などの労働者になります。
しかし少子化問題で若い世代が減少しているため、一人一人に大きな負担がかかってくる事は言うまでもありません。
高齢者達を支えていく意味でも若い世代の増加が求められています。
そもそも少子化問題の要因はどのようなものがあるのでしょうか。
その要因の一つに晩婚化が挙げられるのではないでしょうか。
晩婚化の影響で子供を出産できる適齢期を過ぎた場合、出産の困難さが付きまといます。
それにより子供が生まれにくくなっているのも要因の一つでしょう。
現代の日本では、女性も男性と変わらない様にお金を稼ぐ事も可能になってきています。
女性も一人で生きていける状況が現在ではできてきています。
そのため結婚に必要性を感じない女性も少なからずいらっしゃいます。
これにより結婚が遅くなる事もあるでしょう。
また女性のみではなく男性においてもこの晩婚化の影響を受けていると言えます。
女性と結婚できたとしてもその時の年齢が高くなればなる程、生殖行為において支障をきたす可能性もでてくるのです。
その要因の一つとしてEDなどがあります。